ーセゾンⅡー グラス2 店長阿倍の憂鬱

カフェのオーナー兼店長の阿倍は、ある男性客が気になっていた。

この数ヶ月、決まって水曜日に現れるその男、いつもブランド物に身を包み、連れの女性もそのつど顔ぶれが違う。その日の相手は女子大生だった。

自他共に認める遊び人の阿倍だが、女性の好みは別として、その男性客の服装の趣味は自分のそれと一致する。男がその日着ていたイタリア製の赤いシャツは、実は阿倍も同じものを持っていた。

しかし貧弱な体つきのその男には、お世辞にも似合っているとは言いがたい。

それにしてもその男、どこかで見たような気がするのだが、どうしても思い出せずにいる阿倍だった。

ベルギー製の高級ビール“デウス”を注文すると、男はうやうやしく女子大生のグラスに注いでやった。

彼女は早くも瞳を潤ませて言った。

「ねえ、オジ様。社長さんなんでしょう、どんな会社を経営しているの?」

「うーん、まあ、衣料品を少々扱ってるんだけどね」

「それってアパレル関係ってこと?凄いですね、どんなブランド扱うんですか?」

「色々だよ、ニューヨークやミラノ、パリ、国内のメーカーのもたくさんあるよ」

「ステキー。私将来はファッション業界に就職したいんです。これからもオジ様、相談にのってくれますか?」

「もちろん、わたしでよかったら・・・」

男はだらしなく鼻の下を伸ばした。

そのとき店のドアが勢いよく開いて、エプロン姿の太った中年女が入ってきた。

女は両手を腰に当てたまま店内をじろりと見渡すと、すぐにその中年男を認め、つかつかと歩み寄った。

店中の客が注目する中、女は、おびえてちいさくなっている男の片耳を掴んで言った。

「あんたまた店の金を持ち出してこんなとこで油売ってたのかい」

「お前どうしてここが・・・」消え入りそうな声で男が震えた。

「しかもまたお客の大事な預かり物まで・・・まったく罰当たりだよ。さあとっとと帰るんだ、うちは定休日でも仕事が山ほどあるんだからね」

「いててて、カアチャン、そんなに強く耳引っ張るなよ」

女にしょっ引かれ、情けない声を上げつつ男は店を後にした。

店長阿倍は今はっきりと思い出していた。

出て行った中年女は、阿倍もときどき利用している、駅前のクリーニング屋の女房だ。例のエプロン姿の太った体で、いつも客に愛想を振りまいている。そして今その女房にしょっぴかれいった中年男こそ、いつも店の奥で汗だくになりながら作業しているクリーニング屋の亭主だった。

ついでに阿倍はもうひとつ思い出していた。

3日前、お気に入りのイタリア製の赤シャツを件のクリーニング屋に預けたばかりであることを・・・。

当店で今一番にオススメの残暑見舞ギフト