ビールのマメ知識

オーストリアビールの魅力

オーストリアのビール事情

意外なオーストリアのビール文化
ビールと言えば、ドイツやチェコ、ベルギーを思い浮かべがちですが、オーストリアは意外なことに、国民1人当たりのビール消費量を見ると、オーストリアは約108リットル/1人でチェコ共和国に次いで世界第2位の消費量。日本人の消費量と比べると、なんと2.7倍を消費しているビール大国となります。
ビール醸造所とビアガーデンがとても多いオーストリア
オーストリアのビアガーデンオーストリアには大小さまざまなビール醸造所が200カ所近く存在し、密度的にはヨーロッパーでNo.1を誇ります。
ベルギーのように、古式ゆかしい伝統製法で製造する醸造所や、最近はやりのユニークなクラフトビールを製造する醸造所など、様々なビールを楽しめることがオーストリアビールの特徴となっています。
また、ビアガーデンの文化も古くからあり、大小の各醸造所がビールを提供し、国民が気軽にビアガーデンを楽しむ習慣が根付いております。
ビールの歴史に名を残す伝説の「ウインナーラガー」
オーストリアビール「ゲッサー」」現在主流のラガービールの火付け役といえば「ピルスナー」スタイルが有名ですが、ピルスナーよりも前に登場していたのが、実はウィンナーラガー。
中央ヨーロッパでは19世紀中頃まで直火による麦芽乾燥が主流で、この方法は乾燥していない麦芽や、焦げてしまった麦芽など、乾燥具合にムラがありました。
一方イギリスでは熱風による麦芽乾燥が一般的で、均一な乾燥が確率されており、しかもこの技術により淡色の麦芽を生産する事ができ、ペールエールという、焦げたスモーキーな風味をビールから消す事を可能にしました。
このイギリスの技術をオーストリアの醸造家ドレハー氏は母国に持ち帰り、さらに改良を加えたウインナーラガーに発展させ、オーストリア全土に愛される存在にしました。

ゲッサーピルス330mL

ゲッサーピルスナー330mL
ウィーンで、そしてオーストリア全土で一番人気のビールです。薫り高く適度なこくと苦みをもち、混じりっ気の無い上品な味が特徴です。適度なこくと苦みは、ビール好きにとってたまらないものです。口に含んだ時の風味、さわやかですが強い味、そして上品な麦芽とホップの香りを持つピルスナービールです。
ツィラタールヴァイス330mL

ツィラタールヴァイス330mL
500年以上の伝統的な製法を守り、長い低温発酵で醸造されています。甘味ある褐色ボディの味わいと、ヴァイス独特の豊かな香りが鼻腔に広がる、柔らかくしっかりとした味わいをお楽しみいただけます。フレッシュでフルーティーな味、素晴らしいバランスを楽しんでください。
ツィラタールピルス330mL

ツィラタールピルス330mL
500年以上の伝統的な製法を守り、長い低温発酵で醸造されています。モルトとホップはオーストリア最高の原料のみを使用した、伝統的な製法で、3ヶ月間かけてゆっくりと熟成させる、豊かでクリアな味わいを持ち、飲み飽きない贅沢なビールです。
ツィラタール・シュヴァルツ330ml

ツィラタール・シュヴァルツ330ml
シュバルツはその名の通りの黒ビールで、美しい漆黒の色合いと、やさしく豊かな味わいが特徴です。スタウトとはまったく異なるシュバルツの軽快名喉ごしの中に光る、深い味わいをこのオーストリアビールお楽しみ下さい。
ツィラタールラドラー330ml

ツィラタールラドラー330ml
オーストリアンラドラーで定評の高いレモンビールです。
低アルコールでほのかに甘いその味は、アルコールの苦手な方でも楽しめるビール飲料です。
ツィラタール ガウダーシュタインボック330mL

ツィラタール ガウダーシュタインボック330mL
モルトをさらに豊富に使用したドッペルボックタイプ。8ヶ月間の低温熟成後にボトリングされる、モルトの甘みが印象的なビールです。500年以上続く伝統的な製法を守り長い低温発酵で醸造され、モルトとホップはオーストリアの最高の原料のみが使われます。
ツィラタール ガウダーボック500mL

ツィラタール ガウダーボック500mL
8ヶ月間の低温熟成後にボトリングされる、モルトの甘みが印象的なビールです。
「ガウダーボック」は、ボックビールのアルコール度数の上限に近い8%です。
しかし、とてもなめらかな味わいで、アルコールの強さはあまり感じません。
当店で今オススメのお歳暮ギフト